リノベーションの流れ Feed

2009年2月20日 (金)

立花町 古民家リノベ 03

今日は雨で練習が出来ません!

2月22日(日)は玉名いちごマラソンのハーフ21キロに出場いたします!しかも今月はまだ一度も練習してません。といっても1月も一度しか練習してません。しかも大濠公園2周(4キロ)だけです。言い訳はたくさん出来ますが、ここは潔く練習不足ですが、玉名で愚かな自分と戦ってきます。完走できなくても、いちごも食べれるそうなんでOKとします。

さて、気分を変えて、立花の古民家再生。

古民家リノベーションの時は、残す部分と新しく付け足す部分の見え方を馴染ませるのが、デザインの腕の見せ所です。とくに柱と梁を見せて仕上げえる場合は、新旧が入り混じってきます。いくつかの手法がありますが、今回は、古い部分の表面をサンダーで磨き上げ、ワックスでツヤを出す仕上げを検討中です。

Photo

まずは、現場監督がテストを開始。

Photo_4

次は家具職人が更にご指導ご鞭撻。

さすが、上手です。なんとか綺麗になりました。

「あとは、こんな感じで、他の部分をよろしくおねがいします」と口だけの僕でした。

Photo_5

床や家具のカラーサンプルも現場に配置して、最終的な色を検討します。空間の光の加減を確認しながら、最適化をはかります。何かを決断するというのは、とてもパワーのいることです。クリエイティブとは、ありとあらゆるケースを想像・予測し、様々な正解の中からベストの正解を決定することです。

心も体もタフでないと勤まりません。

ということで、週末はマラソンしてきます。(あ~、お腹がすいた!)

2008年11月14日 (金)

Lの土間の家 工事開始

平尾のマンションリノベーションが始まりました。

気合を入れて、1ヶ月で仕上げる予定です。

(もちろん、いつも気合は入れてますが、、、)


工事の前に十分に設計をしておきますが、

たまには、解体しながらデザインの変更もあります。




今回のリノベーションでも、

解体中に、天井裏のスペースが意外とあったため、

オーナーのご希望により、天井を撤去となりました。

(ほんとは、天井を張る予定でしたが、、、。)

むき出しになる梁の部分をどう収めるか?

電気の配線をどうするか?


現場監督の「え〜っ」という心の声を、心の耳で聞きながら

デザインと予算と工程の調整を速攻で行い対応します。

お客様のご希望には、なんとか対応したい。

※回り込みのテキストはここへ入れてください

↑ 風邪と埃で咳が止まらない松山でした。