リノベーションとは? Feed

2008年12月 1日 (月)

素材感とは

クロス、ポリ合板、付板、珪藻土等の左官仕上げ、石、紙、インテリアには、様々な素材があります。

その中で、これは、リノベ味コンクリート打ち放し仕上げの壁面です。

普段はボードの裏側に隠れている部分なんですが、実はスケルトン好きの方にはお勧めの仕上げの一つです。

実際のコンクリート打ち放し仕上げは、もっとキレイに仕上がるのですが、

30年前のしかも隠れる前提で仕上げた部分ですから、




でも、これも、味ですね。


12月7日!

オープンルームします!

詳しくは、リノベエステイトのHP

2008年11月15日 (土)

部分スケルトン

遂に、遂に、着工です。

じっくりと計画を進めてまいりましたリノベーション

遂に工事が始まりました。

場所は、高宮。幹線から一本入った静かな物件です。

僕らもとっても気に入っていた物件だけに、

ご紹介できて僕らとしても嬉しい限りです。



さて今回は、現況を上手く活用しながらのリノベーションを行なうために、

一部だけをスケルトンにして改修を行なってまいります。

築36年ほど経っているために配管は、新品に交換します。

給排水のライフラインは20年を過ぎると交換時期になってきます。

見えないところにしっかり気配り。

明日は朝から、お客様との第一回目の現場定例会。

壁紙等のカラーコーディネートを行なってまいります。

スッタフミーティングは今、終了。

いいかんじのデザインになりました。


明日のプレゼンが楽しみです!


2008年7月25日 (金)

ラウンジの家

やっと形が見えてきました。




必要な機能は最小限にした空間。

僕が設定した大きな機能として、

オーナー様の「ON→OFF」への変換。

ここは、「自分になるための場所」がコンセプト。

このラウンジのソファーに座ったときにそう実感してもらうことが楽しみです。

とはいえ、まだまだこれからが勝負です。

現場の皆様のモチベーションも最高です。

これからの工事も期待しております。

悪魔のように細かく、天使のように大胆に

きっちりデザインしていきます。

間仕切り机の家

現場が暑いです。

現場の定例会をするだけでも汗がたらたらです。

去年はスタッフからビリーを誕生プレゼントで頂きましたが、、、、、

ちょっとラテンな感じで、コアリズムでもはじめようかなあ。





貝塚のマンションリノベーションが進行中!

リビングダイニングに大きなライブラリーを設置します。

「間仕切り机の家」

遊び心と幸せがいっぱいの家族の場所が、出来そうです。

とはいえ、ほんと現場の職人さんご苦労様です!

小倉A級リノベ&小倉B級グルメ 02





小倉の2X4の戸建のリノベーション。

新規でロフトの設置を計画しております。

そこで、小屋裏の調査を行ないました。

上っている時に天井を踏んじゃって「バリッ」とやっちゃって、

関係者一同、空気が固まりました。


「ダイエットします」


さて、在来工法と異なり、2X4はリフォームしにくいといわれてますが、

う〜ん、やっぱりし難いというのが、正直なところですねえ。

これは、RC造でも同様でして、壁式構造は自由度で言うとラーメン構造には劣ります。

と、はっきり言い切ってしまいますが、そこは、知恵とアイデアでのりきます。

様々な規制や制限の中でどれだけアドバンテージを引き出すかということも

「デザイン」という作業の一つだと思います。




がんばり丼?


というポジティブなネーミングにもかかわづ、

かなり自信なさげにクレジットされておりました。

どいうった味かというと、

石焼ビビンバの石焼で無い状態の丼です。

でも、たべてるとだんだん

「がんばっていくしかないねえ〜」

と不思議と思えるようになりました。






ダイエット宣言いきなり撤回するようなメニューでした。



車庫の家

車庫の家が着工しました!

確認申請がのびのびになり、

その間、資材の高騰もあり、

僕らの力が及ばないところでいろいろ大変でしたが、

やっと、ここまできました。


基礎も問題なく施工されております。

お願いだから、雨よ、降らないでねえ〜。



2008年5月17日 (土)

小倉A級リノベ&小倉B級グルメ 01

小倉でリノベーションの設計が始まりました。

森の横に隣接する大きくて立派な戸建です。

日のあたる庭がとっても気持ちのよい家です。

でも、なんかしっくりこない?とのこと。

オーナー+コーギーの心と体がリセットできるような超A級の空間に

カスタマイズいたします。







しかも、小倉は僕の故郷でもあり、ワクワクしております。









昼は、「資さんうどん」で食べました。

おぼろ昆布入れ放題!たまりませんね。

(入れすぎて汁が少なくってしましました・・・・・)

僕のお勧めは、ゴボウ天うどん。

ざく切りのゴボウがゴロゴロ入ってます。

でも、なんで「資」を「すけ」と読むのでしょうか?

謎がわかる方いたら教えてください。


ちなみに福岡の「牧のうどん」は、

「牧さん」がやってるからこのネーミングになったそうです。




小倉A級リノベ と平行して 小倉B級グルメ ダブル特集で開始です!


2008年5月 4日 (日)

GW

よくよく考えると、この時期は毎年、仕事ですね。

しかもなんとなく新しい物件が動き出す時期。

昨日は3件の新規のお打合せをさせていただきました。




屋根にもぼり、





丘を見上げ、

建物と土地とそして人とふれあい方針を紐解いていきます。



休みを使ってゆっくりじっくりデザインします。

休み無く働けることは、僕にとってはうれしいこと。

まあ、これが、好きなんですね・・・・・。


ゴールデンワーク!



でも、ちゃんと途中でちょこっとサボったりもしてます。


2008年5月 2日 (金)

コストと時間とクオリティ

建材がどんどん価格上昇しております。

パンフレットの変更で大忙しのメーカーの方々。

結局エンドユーザーに跳ね返っていくんです。


コストと時間とクオリティの管理が僕らの仕事。

この3つを全てバランスよくできてこそ、建築家。

いや、それができない者は仕事をする資格が無い!

と僕は思います。






でも、この物価上昇、悩ましい事態になりましたねえ。

パンと牛乳を買ってジーンと実感です。



2008年4月30日 (水)

営業の春

あと3ヶ月で40歳。

『論語』の中で孔子が言っている。



私は、十五の時に学問で身を立てようと決心しました。

三十の時に、学問などの基礎ができ独り立ちができるようになりました。

四十の時に、狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなりました。

五十の時に、天が自分自身に与えた使命を自覚しました。

六十の時に、何を聞いても素直に受け入れることができるようになりました。

七十の時に、自分がしたいと思う言動をしても、

        人の道を踏み外すことがなくなりました。

と。



30歳で独立をし会社という自分の理想とする器を作り、

あやふやな自覚であるが、確かにやっと約10年たって、

我、いづくにか不惑に近づいている気がしなくも無い。

いや、する。(と、ちょっと漢文風表現)







いろんな場所に出向いての営業も会社運営には重要な仕事です。

いろんなお客様とふれあい、さりげなく自分をアピール。

会社を起こしたころやってた飛び込みに近い営業に比べると

ほんと、楽させていただいてます。

感謝です。