« リノベーションを誰に頼む?  その1 | メイン | 無印良品の新たな取り組み「MUJI REVOVATION CLUB」 »

2017年7月16日 (日)

リノベーションを誰に頼む? その2

リノベーションを誰に頼む? その2

 

早速、苦手を克服するために長浜ラーメンで、柔麺を食べてきました。

もちろん替え玉もしっかりしてきました。完全にカロリーオーバーとい代償付きです。

人生とは、何かを得るには何かを犠牲にしなくてはなりません(笑) 

と言うことで、今回も前回に引き続き「リノベーションを誰に頼む?」

リノベーションとラーメンを比較して解りやすくご説明させていただきます。

A

B

C  

前回は、建築物には様々な種類があることを解説させていただきました。

今回は、リノベーション住宅の目的や用途に目を向けてみましょう。

 <リノベーション住宅の目的や用途>

  • 個人利用として既存住宅を購入し改修を行い、理想の住まいにリノベーション。
  • 賃貸物件をオーナーとして魅力をアップして家賃収入を増やすリノベーション。
  • デベロッパーとして既存物件を購入し改修し再度市場に売り出す「買取再販」住宅のためのリノベーション。よくあるリノベーション済み物件のことです。
  • 事務所や店舗として利用されていた建物を「住宅」仕様としてリノベーション。これは建築基準法等の絡みがり高度な知識と経験が必要です。 

ここまでは、建築よりのちょっと難しい話です。

さらに空間デザイン的な部分で視点で事業者を見てみると各社で得手不得手がわかり易いかもしれません。

  <リノベーションの空間デザイン>

  • DIY手作り感覚を演出したシャビー系のデザイン。
  • 木をふんだんに使ったオーガニック系のデザイン。
  • 日本家屋のエッセンスを取り入れたわ和モダン系のデザイン。
  • 鉄やコンクリートをむき出しにしたインダストリアル系のデザイン。
  • 北欧の家具にマッチするような無垢材と白い壁のプレーン系のデザイン。
  • 海外のリゾートホテルのようなラグジュアリー系のデザイン。
  • キレキレ建築デザイナーによる住むアート的プレミアム系のデザイン。

 

これらのすべての空間デザインが完璧にできるクリエータは僕しかいません!というのは嘘です。

ネットから写真を検索してらしくコピー&ペイストはできるでしょうが、やはりその会社の得意とするデザインはあります。

パーツにこだわったカフェ風のナチュラルな空間デザイン。

伝統とルールを根底にした和の空間デザイン。

どちらも、全く異なった知識と経験と感性が必要です。

 

 

20170711_124132

 

 

検索サイトで「ラーメン 九州」を調べると何ページにも渡って情報が出てきます。

「リノベーションも同様です!」

  

20170716_135056

 

 

インターネット、専門情報誌、ショールーム、オープンルーム等、いろんな会社の情報が様々な方法で収集できます。

まずはフラットな視点でいくつかの会社を実際に訪問してみてください。

各社の事例や担当者の話を聞くと自分にあった会社はどこかが少しづつ見えてくると思います。

住宅は値段的にはラーメンほど気軽ではありませんが、自分にぴったりとマッチングした会社を見つけることが、理想のリノベーション住宅を手に入れる上で一番大切だと考えます。

僕は北九州出身なので、実は博多っ子のソウルフード長浜ラーメンは実は苦手です。

リンク:「リノベーションを誰に頼む? その1

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395726/34072179

リノベーションを誰に頼む? その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿