2017年7月16日 (日)

リノベーションを誰に頼む? その2

リノベーションを誰に頼む? その2

 

早速、苦手を克服するために長浜ラーメンで、柔麺を食べてきました。

もちろん替え玉もしっかりしてきました。完全にカロリーオーバーとい代償付きです。

人生とは、何かを得るには何かを犠牲にしなくてはなりません(笑) 

と言うことで、今回も前回に引き続き「リノベーションを誰に頼む?」

リノベーションとラーメンを比較して解りやすくご説明させていただきます。

A

B

C  

前回は、建築物には様々な種類があることを解説させていただきました。

今回は、リノベーション住宅の目的や用途に目を向けてみましょう。

 <リノベーション住宅の目的や用途>

  • 個人利用として既存住宅を購入し改修を行い、理想の住まいにリノベーション。
  • 賃貸物件をオーナーとして魅力をアップして家賃収入を増やすリノベーション。
  • デベロッパーとして既存物件を購入し改修し再度市場に売り出す「買取再販」住宅のためのリノベーション。よくあるリノベーション済み物件のことです。
  • 事務所や店舗として利用されていた建物を「住宅」仕様としてリノベーション。これは建築基準法等の絡みがり高度な知識と経験が必要です。 

ここまでは、建築よりのちょっと難しい話です。

さらに空間デザイン的な部分で視点で事業者を見てみると各社で得手不得手がわかり易いかもしれません。

  <リノベーションの空間デザイン>

  • DIY手作り感覚を演出したシャビー系のデザイン。
  • 木をふんだんに使ったオーガニック系のデザイン。
  • 日本家屋のエッセンスを取り入れたわ和モダン系のデザイン。
  • 鉄やコンクリートをむき出しにしたインダストリアル系のデザイン。
  • 北欧の家具にマッチするような無垢材と白い壁のプレーン系のデザイン。
  • 海外のリゾートホテルのようなラグジュアリー系のデザイン。
  • キレキレ建築デザイナーによる住むアート的プレミアム系のデザイン。

 

これらのすべての空間デザインが完璧にできるクリエータは僕しかいません!というのは嘘です。

ネットから写真を検索してらしくコピー&ペイストはできるでしょうが、やはりその会社の得意とするデザインはあります。

パーツにこだわったカフェ風のナチュラルな空間デザイン。

伝統とルールを根底にした和の空間デザイン。

どちらも、全く異なった知識と経験と感性が必要です。

 

 

20170711_124132

 

 

検索サイトで「ラーメン 九州」を調べると何ページにも渡って情報が出てきます。

「リノベーションも同様です!」

  

20170716_135056

 

 

インターネット、専門情報誌、ショールーム、オープンルーム等、いろんな会社の情報が様々な方法で収集できます。

まずはフラットな視点でいくつかの会社を実際に訪問してみてください。

各社の事例や担当者の話を聞くと自分にあった会社はどこかが少しづつ見えてくると思います。

住宅は値段的にはラーメンほど気軽ではありませんが、自分にぴったりとマッチングした会社を見つけることが、理想のリノベーション住宅を手に入れる上で一番大切だと考えます。

僕は北九州出身なので、実は博多っ子のソウルフード長浜ラーメンは実は苦手です。

リンク:「リノベーションを誰に頼む? その1

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年7月12日 (水)

リノベーションを誰に頼む?  その1

「リノベーションの住まいで暮らしたい!」

 

そうお考えの方々がますます増えてきました。弊社がリノベーション事業を起こした15年前と比較するとニーズの増加とともに、関わる事業者も圧倒的に増えてきました。

 

そんな時代となってきた中で、

「リノベーションを誰に依頼すればいいのか?判らない。」

というお声をお聞きすることも増えてまいりました。

 

結論から申しますと、以下の通りです。

「リノベーションは千差万別。しっかり依頼する会社を見極める。」

 

こんなに事業者が増えてきた昨今、仕事を誰に頼むかは、本当に難しい選択肢です。

幅位広いリノベーションという業務を私なりに俯瞰して解説させていただきます。

かなりヴォリュームのある内容なので二回に分けての掲載とさせていただきます。

01

02

03

「美味しいラーメン屋さんはどこですか?」

 

と聞かれたらどう答えますか?

博多っ子でしたら迷わず「長浜ラーメン」と答えるでしょうが、長浜ラーメンもやたらと元祖とうたっているので、どこが元祖かわかりにくいことは置いておいても「湯通し、針金、バリ硬、硬、普通、柔、、、、、ネギ多め、紅生姜、」選択肢は無限大です。

 

頑固職人系こだわり店主の1日限定300杯のラーメンも、一蘭や一風堂的なチェーン系列も定期的には摂取しときたいところです。

 

さらに、つけ麺、坦々麺など、セカンドオピニオンも魅力的です。

 

久留米の濃厚系トンことなどの全国各地のご当地ラーメンも譲れません。

 

280円で食べれるカジュアルなラーメンも、1000円を超えるリッチなラーメンもどこも器はどんぶりですが、中身は全く別物です。1000円のラーメンを出すお店で「なんで、280円でないのか!」とクレームを言う方はそんなにいないと思います。なぜならチャーシューの素材もスープの出汁も違うから。

 

これ以上書くと別のブログになりそうで一旦ここで持論を書きます。

 

そうです!「リノベーションはラーメンと一緒」です。

 

自分の好みや気分、エリアによって様々な選択肢があって、どれも「正解」です。

 

Photo

まず、キッチンやお風呂等水周りなどの住宅の一部を改修するのか、またはフルで家全体を改修するのか、という選択肢があります。また、一部増築して魅力を向上させる方法もあります。

 

業界には、部分リフォームが得意な会社とフルリノベーションが得意な会社があります。

 

また、10平米以上の増築を伴う場合は、確認申請業務発生し、勝手にやると違法となります。

 

一般的には、会社に問い合わせると、「基本的にどちらも出来ます!」というのが営業マンの定めですが、実際は違います。替え玉に不向きなスープ濃度で替え玉を無理やりすると美味しくはないんですけど、、、、社会に迎合して出しちゃうお店もあります。

 

リフォームチェーン店舗系の水周りリフォームが得意な会社の場合、10平米以上の増築の確認申請を役所に提出するための書類作成業務は建築事務所にアウトソーシングするか、断るかのどちらかです。

 

逆に建築家等がプロデュースしてプレミアムな空間づくりが得意な会社は、建築資材の年間取扱量が少ないので、資材の仕入れ値が割高になります。量産タイプのトイレのみのリフォームを依頼した際は、量産タイプの建材を大量発注を行なっているリフォームチェーン店舗系の業者と比較するとしい仕入れ値は高くなる傾向にあります。

 

そもそも住宅の基本構造には様々なタイプが存在します。大雑把に分けると以下の通りです。

 

<戸建住宅>

  • 木造戸建住宅/在来工法
  • 木造戸建住宅/2x4壁式構造
  • 軽量鉄骨戸建住宅
  • 鉄筋コンクリート戸建住宅
  • その他 町家等伝統建築

 

<集合住宅>

  • 木造
  • 鉄骨造、軽量鉄骨造
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造 ラーメン構造
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造 壁式構造
  • その他 混構造等

Img_0365

ラーメンには、いろんな店主のこだわりがあります。

窓の外を覗いて見てください。そこから見える建築は、新しい古いだけではなく、様々な表情や種類があることがお分かりになると思います。どんな建築でもリノベーションできますが、全ての種類のリノベーションに精通している会社ありません。どの会社も得意不得意があり、そこが各社の差別化であります。

今回はここまでで、ラーメンで言うところの「作り方」のお話。次回は、目的や用途、ラーメンでいうところの「食べ方」のお話をさせていただきます。

 

リンク:「リノベーションを誰に頼む?  その2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年6月24日 (土)

泊まれる本屋「Book and Bed Tokyo 福岡店」

泊まれる本屋「BOOK AND BED Tokyo 福岡店」行って来ました!

東京の池袋に本店があるホステルですが、いつも満室で店内に入ることする出来ませんでしたが、ついに福岡パルコ新館6階にOPENました。宿泊施設的な本屋というか、本屋的な宿泊施設というか、本屋とホステルが合体した店舗です。

Img_0724

個人的には最近の出張では、寝るだけ空間のビジネスホテルより、ゲストハウスやホステルを利用することが多くなって来ました。欧米ではスタンダードなこのての宿は、安いけどドミトリー(相部屋)だし日本人には受け入れられないという固定観念が蔓延していたのですが最近は変わって来ました。

海外の旅でバックパッカーやホステルと呼ばれる宿泊施設に滞在し、旅人たちとのコミュニケーションを楽しんだ20代の頃、なんでこんな楽しい施設が日本にないんだろうと思っていましたが、ついにって感じです。

日本中の駅前にあるコピペしたようなチェーン系ビジネスホテルの良さも勿論ありますが、全く別物としてこの手の宿泊施設はとらえた方がいいと思います。

一言で言うならばホステルは『単なる出張が「旅」になる』ということ!

Img_0734

Img_0735

酒が飲める上質な図書館的な雰囲気です。美味しい地ビールを頂きながら「MOMO」ミヒャエル・エンデ著、「AKIRA」大友克洋著、をオシャレに拝読しました。

個人的な感想としてはいい意味で「課長島耕作」的な仕事人間が大好きそうな作品を読みたく無くなる上質なひと時を過ごしたくなる場所です。←書いてて意味不明感が否めませんが、最近は島耕作にハマっている私です。

Img_0736

おじさんのお客は僕くらいで、女子率高めです。さすがパルコ!

Img_0725

建築や不動産を仕事としている業界的目線で見ると、そもそも深夜営業の無い商業施設の福岡パルコ内に宿泊エリアを配置したと言う所に大いに感動です。きっと用途変更や導線計画やセキュリティ確保や消防法などなど様々な問題をクリアした関係者の方々のご苦労と努力をひしひしと感じます。

Img_0726

店内の書籍は、福岡市中央区のケヤキ通りにある「キューブリック」さんがセレクトしているようで、朝まで寝ずに読みたくなるような粒揃いの本の構成でした。

キューブリックでは、立ち読みしかできませんが、ここでは気兼ねなく寝転んで読み放題ということにおいても、本好きにはかなり贅沢な時間を過ごせること間違いなしです。

Img_0727

アメニティもハイセンスなデザインで販売もしておりました。

共用部に置かれているオーブントースターは、勿論ちゃんと当然なことに、、、、、、

バルミューダ・ザ・トースター」でありました!

この辺のさりげない気配りがデザイナーズホステルたる所以ですね。

Img_0730

モルタルの床、壁面に利用している構造用合板や木毛セメント板など、リノベーションの住宅などでもよく使用されるインダストリアル系の素材を多用されており、ローコストながらキレのある秀逸な空間デザインでした。

Img_0729

天神の真ん中で、仕事中にサクッと優雅な「旅」を楽しめました。

次回来る時は、泊まります!と言うか、朝までごろ寝して読書します!

BOOK AND BED Fukuok

福岡市中央区天神2丁目11-1福岡パルコ新館6階

※電話はありませんので、予約はネットからどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年5月31日 (水)

いいかねPalette 訪問しました。

少子化に伴い廃校となった小学校跡地のリノベーションが、

近年日本各地でおこわなわれております。

正確には、リノベーションを伴ったコンバージョン。

つまり教育施設から別の機能への用途変更です。

Img_0739

福岡市では大名小学校の「スタートアップ施設」としてのリノベーションが注目されておりますが、田川でも素晴らしい実例があるんです!

そんな気になっている施設「いいかねPalette」の視察に行ってまいりました。

1876年(明治9年)から続く140年の歴史に幕を下ろした猪位金小学校(旧・猪位金尋常 小学校)。廃校から3年の歳月が流れ、平成29年4月に、この素晴らしい学び舎は、新しく地域住民の みなさまに愛されるシンボル「いいかねPalette」として生まれ変わりました。

Img_0740

福岡市と北九州市に挟まれた緑豊かな町「田川」。大自然、保育園、公園、商店などに取り囲まれながらも感度の高い町に、廃校となった旧猪位金小学校を利活用して「音楽を中心とするコンテンツ産業の創出・集積」を目指し、「福岡コンテンツバレー構想」を掲げ、その中心拠点として2017年4月にスタート。

ゲストハウス的な宿泊機能もあり、泊まれる学校といったとこです。

Img_0741

Img_0742

Img_0743

市の委託を受けた運営会社「BOOK」などが、国の地方創生加速化交付金6500万円で、校舎1階の約1000平方メートルを整備。「なんでもできる世界をつくる」をコンセプトに、レコーディングスタジオやシェアオフィス、ライブラリースペース、宿泊施設などを備え、音楽を中心にした新たな交流拠点を目指すということです。

Img_0745

Img_0746

Img_0747

Img_0749

Img_0751

Img_0752

Img_0753

用途変更に関しては、建築基準法などのクリアーすべき難易度の高い壁もあったと推測されますが、魅力的な空間となっておりました。

一泊3000円程度で宿泊も可能。田園風景の適度な隔離感があって、弊社では、スタッフ合宿には最適だと思いました。

小学校とはいえ、おしゃれな喫煙所ありました。大人対応ですね(笑)

Img_0750

いいかねPalette(イイカネパレット)
〒826-0045 福岡県田川市猪国2559

http://palette.jp.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年5月10日 (水)

出展しました!「門司港グランマーケット2017春」

門司港グランマーケット2017春において、

リノベーションブースに出展させていただきました。

北九州でのリノベーションの需要もどんどん高まっております。

リノベエステイトとしては、北九州のイベント初参加。

僕の故郷でもありますので、ワクワクです。

Img_0639

店舗的には、4月8日9日の二日間でなんと280店の出店ということで、

僕もいつも行っている福岡で行われている護国神社の蚤の市と比べると、

スケール感が圧倒的に超メガ級でした。

58a6a6b52b443

ブース内では、リノベーションのパネル展示、相談コーナー、パーツ販売

を行い多くのお客様にご来場いただきました。

イベント大好き人間の僕はというと、仕事であることを忘れつつ、

二日間ブースと会場に張り付きで楽しませていただきました。

Img_0644

Img_0648

Img_0655

Img_0659

Img_0662

Img_0674

ブースの前では飯塚から来られた大道芸人カップルの人形劇。

大型店の乱立により町の小さな商店街がシャッター通りになるなか、

ヨーロッパ等で日需要的に開催されているマーケット文化が、

日本にも定着してきたことが実感できます。

きっと来年も参加します!

Img_0653

58a6a6b55f8f9

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年1月31日 (火)

ヨガスタジオ完成しました。

基本的には住宅のリノベーションが、弊社の主な仕事ですが、たまには店舗のお仕事もさせていただきます。

天神の渡辺通りの北側にあるmina天神の最上階にヨガスタジオがOPEN。

やけき通りにある「ゼネラルヨガUNIVA」の新たな拠点の誕生です。

16252204_400809800255488_5531985753

ヨガスタジオというよりはむしろBar的な男まえ空間にデザインしました。

ヨガスタジオの空間としては、かなり独創的な空間の仕上がりです。

このハードボイルドなデザインにOKを出したオーナーの理解に感謝です!

「urban sky botanicai/都会の天空の植物園」

このデザインコンセプトは、僕的には10年前には思い描かないものです(笑)

街のど真ん中で、喧騒から隔離され癒されるための隠れ家。

体の硬いヨガが苦手な僕でも通いたくなるデザインを目指しました。

Img_9836

15936628_393278004342001_1117636364

当然ですが、CGそっくりさんに完成です。

Img_0177

こちらは、けやき通りSTUDIO。約10年前にさせていただいたお仕事。

ビル全体のリノベーション、スタジオの空間デザイン、ブランディング、ネーミング、HP、グラフィックデザイン一式をプロデュースさせていただいた思い出に残るお仕事でした。

まだ、この頃は、リノベーションもヨガも世間では認知は薄いカルチャーでした、時代がやっと追いついてきたとホッとしております。

Univaimg_3420_22e1434591111536

オーナーとは、10年来のおつきあいで、公私共々仲良くさせていただいておりましたが、知命の齢に近づき俄かに新規事業にチャレンジする姿に僕も勇気をいただいております。福岡のヨガカルチャーを牽引するオーナーの野望は、聞いててワクワクします。

Img_0195

自分の体と対話するように空間共々、ヨガを体感してくださると幸いです。

ゼネラルヨガUNIVA mina天神店

福岡市中央区天神4-3-8 mina天神8F

092-707-3778

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年10月12日 (水)

『RENOVATION EXPO JAPAN 2016』福岡は11月5.6日開催!

仕事の合間を縫って、9月22〜25日まで、東京で開催されていた『RENOVATION EXPO JAPAN 2016 in TOKYO』視察に行ってまいりました!

このイベント毎年全国で開催されております。東京では、ヒロミさんや、辰巳琢郎さん、そしてチハルさんと、リノベ系な芸能人のトークショウも開催され、大盛り上がりでした。会場は、インテリアやアート系のイベントが多く開催される青山のスパイラルでした。リノベーションを仕事にしている私としては、全国の同業者の仲間たちにも沢山会うことができ、学びと気付きが盛りだくさんの内容でした。

Img_9476

Img_9483

Img_9501

ダンボールを上手に活用した展示会場、安価なマテリアルですが、センスあるデザインで上質な空間に仕上がっております。とっても勉強になります!

Img_9521

Img_9478

Img_9519

Img_9523

射的ビフォーアフター、一発で大成功、ブルースタジオさんから賞品いただきました!

Img_9522

首都圏で大活躍のNUさん、恋するリノベ診断していただきました!

閑話休題。。。。。。。。。。。。。。

14581312_1159212957459576_735954501

そんな、「見て、聞いて、学ぶリノベーション」をコンセプトに、毎年全国各地で開催されるリノベーション業界最大のイベント『RENOVATION EXPO JAPAN』が今月と来月に熊本、北九州、そして福岡と、九州を股に掛けて開催されます。福岡では僕たちリノベエステイトもセミナーやワークショップを行いますので、ぜひぜひ、遊びに来てくださいませ。

———————————————————————————————————————

『RENOVATION EXPO JAPAN 2016』福岡���。l

■開催日:2016年11月5日(土)/10:00-20:00 (熊本応援灯明イベント)

6日(日)/10:00-16:00

■会場:旧大名小学校(福岡市中央区大名2丁目6-11)

■入場無料

https://www.facebook.com/events/498431407031202/

 

今年の福岡の開催地は、旧大名小学校にて決定!

2016年の福岡のテーマは『FOR KUMAMOTO』福岡の提案する住まいの暮らし方として、楽しみながらリノベーションを学べるイベントが盛り沢山です。福岡のリノベーション関係会社の施工例ギャラリー展、トークライブ、セミナー、ワークショップなどを行います。ゲスト講師にHOME’S総研所長 島原 万丈氏を招いての基調講演会を開催。街が持つ魅力その効果と活用について、リノベーションの視点から語っていただきます!

 

【エキシビジョン・イベント内容】

● ”くまもと応援”灯明Night

 くまモン灯明で熊本をみんなで応援しよう‼

 11月5日(土)/18:00~20:00

● 『リノベーション住宅推進協議会展示ブース』

●『リノベーション住宅推進協議会会員展示ブース』

● 特設Kid‘sふわふわランド

 

【セミナー・トークイベント】

● リノベーション基調講演会 

 ゲスト講師/HOME’S総研所長 島原 万丈氏

● 福岡リノベーションNOW

● 若者と地域再生

 九州大学/糸島空き家プロジェクト

 

【ワークショップ】

●『手作り工作体験教室』

———————————————————————————————————————

14333693_1142598015787737_262495805

『RENOVATION EXPO JAPAN 2016 in 熊本』

■開催日:2015年10月22日(土)−23日(日) /10:00-17:00

■会場:早川倉庫(熊本市中央区万町2-4)

■入場無料

———————————————————————————————————————

14495253_1157520954295443_669251062

『RENOVATION EXPO JAPAN 2016 in 北九州』

■開催日:2015年10月29日(土)−30日(日) /10:00-17:00

■会場:旧大連航路上屋の多目的スペース(北九州市門司区西海岸1-3-5)

■入場無料

 

———————————————————————————————————————

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年10月 2日 (日)

「土木展」人類の圧倒的クリエイティビティ

建築土木そしてデザイン業界で話題となっている「土木展」に行ってきました!

東京ミッドタウンに隣接する「21_21 DESIGN SIGHT」で開催されてた展覧会です。21_21 DESIGN SIGHTは、折り紙を折ったようなフォルムの安藤忠雄氏によるよるクールな建築です。9月25日までと知りつつなんとか23日に行けました。土木建築オタク必見の内容で素晴らしかったのでレポートさせていただきます!

Img_9498

<イベント紹介 HPより抜粋>

快適で良質な毎日の生活を支えるため、街全体をデザインする基礎となる土木。道路や鉄道などの交通網、携帯電話やインターネットなどの通信技術、上下水道、災害に対する備えなど、私たちの日常生活に必要不可欠な存在です。「土」と「木」で表す土木は、私たちの生活環境そのものであり、また英語ではCivil Engineeringと表現されるように「市民のための技術」なのです。

現在の日常生活の土台は、古来の伝統技術、近代における研究と技術の発展など、多くの努力と工夫が積み重なって形成されています。しかし、私たちの毎日の暮らしは土木とつながっているにもかかわらず、それを実感する機会は多くありません。また、多様な環境と対峙しながら生活の基礎を築くことも、土木の重要な側面です。

これらのことを改めて見つめ、再発見と実感を通して、より良い未来を考えるきっかけとなるよう、21_21 DESIGN SIGHT企画展「土木展」を開催いたします。本展では、展覧会ディレクターに、全国の駅舎や橋梁の設計、景観やまちづくりなどのデザインを手がけ、土木と建築分野に精通する西村 浩を迎えます。また、土木のエキスパートたちによる展覧会企画チームと、参加作家のデザイナーやアーティストがリサーチを行い、幅広く多くの皆様に、より深く土木を知っていただく作品を展示します。

地形や自然環境は各地で異なり、人々が活動するために必要な社会基盤も、地域によって異なります。土木展では、日々の生活の根底を支えるデザインを伝え、生活環境を整えながら自然や土地の歴史と調和するデザインについて考えます。

Db_open03

写真や模型が圧倒的であり、かつ、ユーモラスな内容でした。

ちょうど映画「シンゴジラ」を観た後だったので、

庵野秀明的なこの重機に大いに感情移入。

Img_9496

土木展クイズ のそ1

「さてこれは何でしょう?」↓

Img_9492

 ・ 

 ・ 

正解は「渋谷の地下の模型」でした。

Img_9494

しかもこの地下、現在も土木工事をしまくっているので、変化し続けております。

Img_9493

土木展クイズ のそ2

「さてこれは何でしょう?」↓

Img_9486

カレー?

Img_9485

ハウスジャワカレー?

ハウスバーモントカレー?

Img_9488

CoCo壱のカレー?

 ・ 

 ・ 

正解は「日本各地のダムのカレー型の模型」でした。

正解確率0%です!

Img_9489_2

すっかり、しっかりお腹がカレーになってしまって、

もちろん、この後、秋葉原のGoGoカレーに行きました。

Img_9490

圧倒的スケールの前で、自分の存在がちっぽけに感じると同時に

人類の圧倒的なクリエイティブに、大きな勇気をいただきました。

内容も展示方法もとても勉強になりました。

Top_poster

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年9月 5日 (月)

「メゾネット」室内階段あり〼

集合住宅で二階建てメゾネットタイプは、非常にレアな物件です。

 

マンションのメゾネットタイプとは、分かりやすく言うと、住戸内が2階層(以上)に分かれている「内階段のあるマンション」のことです。

集合住宅でありながら、2階建ての一戸建て住宅のような構造を取り入れたもので、供給数の割合はさほど多くないため、物件としては超レアな存在です。

開放的な空間を作りやすく、2層にバルコニーがあるため通風や採光でも有利になる点が挙げられます。玄関のない階では共用の廊下も必要ないため、南北あるいは東西の両面にバルコニーを設置している例も多いでしょう。また、小さな子供がいる家庭では騒音の発生を気にして「マンションの1階を選ぶ」というケースもありますが、メゾネットの上階に子供部屋を設ければその心配もありません。玄関のない階に寝室を設けるなど、プライベート空間の確保も容易です。

メゾネットの魅力それは、ずばり「階段」ですね。

Photo

メゾネットタイプの階段の構造は、一般的にはコンクリートで出来ております。

今回リノベーションさせていただいた住まいの既存の階段デザインは、コンクリートの躯体を石膏ボードで包んでクロス張りし、踏み板は、味気のない木目がプリントされた新建材で包んでしまってました、決して空間的にも可もなく不可もないものでした。

1

解体工事を進めていくと、スケルトン状態になったところで現れた想像以上にダイナミックな存在感のコンクリートの階段。

この存在感をできるだけ残すデザインを施すこととしました。既存空間のポテンシャルを無理やりデザインでねじ伏せるのではなく、あくまでも受け入れて最小限の施工を施すリノベーションデザイン。

食材に真摯に向き合う寿司職人的な空間調理法です。

2

または、プロレスラーアントニオ猪木的に表現すると「風車の論理※」的デザイン手法とも言えます。

 

※アントニオ猪木は、相手の力を引き出しながら勝つ方法を「風車の理論」と名づけている。風が強ければ強いほど風車はよく回る。つまり、相手の力や技を受けながら、その力を利用して、最後には勝つという方法である。

3

玄関を開けると一番最初に現れる玄関と一体となった階段。この家の顔となる空間、見せ場となる、デザインも慎重に行いました。階段の側面を表すようにデザイン修正を行うなど、工事を進めながら微調整を度々加えることとなりました。

4

モルタルで階段の高さの調整と表面仕上げを行い、集成材の踏み板を設置し、コンクリートはクリアー塗装で仕上げました。

5


お引き渡しまであと少し、それまでには、スチール製の手すりを設置しますので、ご安心くださいませ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年6月19日 (日)

大人の隠れ家フレンチ「TTOAHISU」OPEN!

_dsc0735

リノベエステイトのビルの一階にフレンチレストランがオープンして約1ヶ月が経ちました。大人の隠れ家をコンセプトに、大手門に新たな魅力になればと願いを込めて、プロデュースと空間デザインをさせていただきました。

三十代の山下シェフとは、家主と借主という単なる賃貸借契約的な関係ではなく、料理人と建築家というお互いクリエイティブな世界で試行錯誤しながらも、お客様に感動をご提供したいという志で価値観が一致できた幸せな出会いでありました。イケメンという点だけは大きく異なりますが(笑)

_dsc0809

メディアにも出ず、宣伝もせず、口コミとSNSだけでのスロースタート。(大家としては少し心配でしたが)やはり志を理解していただける方々はこの街にはいらっしゃるんですね。だんだんご予約も増えてきたようです。もちろんご近所の食通の方々にも浸透してきたようです。

隠れ家感を最大に増幅するための「入りにくい」エントランスです。しかも、大谷石に暖簾、寿司屋と間違えられことも計算ずくなんです。

店舗をデザインする際に僕にはスタイルあります。まず、デザインを施す前に、クライアントとなんどもディスカッションを重ねます。そこでクライアントの想いをしっかりと自分の中に消化し、コンセプトを言語化します。そのコンセプトをクライアントと共感できる「言葉」にまとめていきます。

店舗は、様々なクリエーターや関係者が関わってお店が出来てきます。その際にこの「言葉」がとても重要になってきます。プロデューサーの指示ではなく、コンセプトである「言葉」に従って各クリエーター達が自分たちの仕事をしていきます。

普段は内輪の資料で公開してないんですが、今回は特別にコンセプトをご紹介!

_dsc0730

<TTOAHISU デザインコンセプトの覚書>2016/03/11松山真介

TTOAHISU/Ohtemon no French

フランスも日本もどちらも伝統的な文化があります。和とフレンチは表層的には共存は無理です。クリエイティブのバックグランドが違いすぎます。どっちが偉いと劣るとか、深いとか浅いとかではありません。ちょっと乱暴な表現ですが。 フレンチは、徹底的で圧倒的な仕事量によって生み出されます。反面、和食は、厳選した食材に最小限の仕事を施し生み出されます。一般的な古典的フレンチの空間は、バロックだったりゴシックだったり、壁や天井や装飾品により「SPACE」が創られております。ベルサイユのバラ的なクラシカルな西洋建築的な空間です(笑)反面、和の空間は、そぎ落とされた「本質」を最小の加工を施した「間」で表現されてます。というよりむしろ、厳選した素材からクリエイターがつき動かさされて、その本質を削り出さされる。素材の方が優位にたっている状態かもしれません。寿司職人のような感じです。←料理が苦手な素人の妄想かもしれませんが(笑)。いわゆる千利休的な「ワビサビ」です。

トアヒスは、日本(特に福岡)の食材や器を多用し、日本人のオーナーが大手門から発信する帰化したフレンチです。トアヒスがもてなすフレンチは、欧米人が納得するパリで食べるフレンチではありません。というか福岡でそんなのはカッコ悪いしそもそも不可能です。だって大手門はパリじゃありませんから。大手門の城下町にある帰化した古典と前衛がマリアージュした仏蘭西料理です。

<デザインコンセプト>

思いっきり「和」に寄せます。ミニマル、春夏秋冬、陰翳礼讃、です。書、家紋、水墨画が欲しいです。大手門は簀子町に隣接する歴史的なエリアです。コンテクストを読み取ると、まさに和がコッテリと詰まった場所です。

<空間デザインの方向性>

・アトリエヴラヴォのモノクロの「福岡城」の三連屏風絵のある真っ暗な洞窟空間。

・大谷石と檜と赤暖簾で構成される寿司屋ようなエントランス。

・ガラス張りの厨房から垣間見えるシェフのパフォーマンス。

・京都のお茶屋のような一限さんが入りにく外観。

Img_8863_2

アトリエヴラヴォの本田さんの渾身の壁画のメイキングのブログもあります。

ライブペイントレポート

20160502_1319005

なんだかんだとデザインの薀蓄を書きすぎました。。。

なんだかんだ言っても「料理」が旨いです!

ここは、大人の隠れ家になることを確信しております。

Img_8937_1


<TTOAHISU/トアヒス>
住所/福岡市中央区大手門3丁目12-12 BLDG64 1F

TEL/092-733-4600

コース/

ランチ(12:00-15:00/L.O/14:00)ランチ ¥2800(6品) ¥4500(8品)
ディナー(18:00-23:00/L.O/21:00)ディナー ¥6000(9品) ¥9000(10品)

定休日/火曜日

フェイスブック

食べログ